かのくらかの

かのくらかのが送るかのくらかの。と言われたい。娯楽感想日記。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 06 感想

うん…
普通、かな。
構成としては4巻のような各方面からの短編集。

1章

加奈子氏のコスプレ再び。
いちおーあやせ氏フラグの話、でいいのかな。
加奈子氏のお話はつまらなくは無いのですが、本筋に絡まないのでちょっとなー。
そんであやせ氏との絡みも本筋にあまり絡んでこないので、ゲームの寄り道とか小さい実績解除みたいな、やらなくてもいいおまけ要素に感じます。

…あやせ加奈子がきりりん氏を受け入れられる土壌を作っている積み重ね期間なのかな?

2章

チラチラ麻奈美 あやせラインが垣間見えますがどうなるや。

きちょうな赤城氏との男子高校生の日常パート。
瀬菜氏のおかげか赤城氏が出やすくなったか、京介氏が年下の女子とばっかりつるんでいる違和感を緩和してもらえます。
内容はシモいですが。

3章

バジーナ氏の素顔回
好感度がすでにMAXというのにうんうんと同調しながら拝顔。
…最近、内容はしりませんが山田エルフ先生のアニメデザインがドヒットだったのでそれ系がよかったんですが…
制服のせいか、ちょい地味ですよね。
瀬菜氏といい、地味めなデザインが多いのかな…?
挿絵で浮かんだのが、藤崎詩織でした。
もっとお嬢様お嬢様を期待したけど、アニメのキャプチャみるとまだ期待できる!はず!

あとねー…やっぱり00この時期なのねー…ということはもう10周年でねー…釘宮も10歳歳をとったのかと思うと…

これでバジーナ氏の私的な交友関係がごく狭いことが確定しましたが、残念でありますね。そんなに友達少ないキャラばっかにしなくてもいいじゃん…。

4章

アメリカ編の補足。
文章量は少なかったですが、前回で過不足無く書けていたと思うので、蛇足かなー。
再戦で直に応援させちゃあ前回が台無しだと思ふのでした。
リアの行動動機ももろもろあまり納得感ありませんし。

なお元気な褐色少女と言えば今はポケモンのマオさんな時代なのでデザイン上書きされて読みました。

総評

バジーナ氏の重要パートがあるものの、他が引っ張り星2。
ただ、モデルを知ってると楽しめる領分が多そうなので、秋葉原などを知ってるならもっと上がるのかな?
次巻への引きはあるものの読み飛ばしてもOKな気がする。