かのくらかの

かのくらかのが送るかのくらかの。と言われたい。娯楽感想日記。

映画版 BLAME! 感想

www.blame.jp

6/1に映画館で。
思ったより劇場少なくて予定の2館で扱ってなかった。
ちょっと歩いた先にあったからよかったけど。

映画は超久しぶり。

(劇場で)見る予定はなかったのですが、今回は情報ブロックに失敗してしまい、一日も近いし見に行くかっ。
と。(夜は短し歩けよ乙女は情報封鎖成功したんだが…)

たぶん、そこいらの感想と似通っていそう。

二瓶知識

BLAME!バイオメガは何週か。全理解はしていない。
学園・NSEとかは未読。
シドニア漫画一周。アニメ未読。
バラのラストはどういう意味ですか?

他のアニメ…?なんのことですか?

映画関連の記事も読んでないですので憶測100%で。

ターゲット不明な映画

シナリオ:序盤の電基漁師編
主要キャラデザ・性格:BLAME後半~現在形
キャラクター:シドニア以降

ちゃんぽんな感じ。
映画の枠内でお話するには電基漁師編で霧亥たちを通過者ポジションにするのはわかる。
霧亥たちのキャラデザもシボさんなら原作7変化ぐらいしちゃうし、かっこいいので文句はない。性格もまあ映画内で変わられたら困惑ものですし。
ただ、電基漁師はかっこかわいい過ぎるかな…
彼女たちの物語って形なんだけど、原作の無機質・殺伐さはあんまーり感じない。

だから、BLAME!ファンってこれみてどこで喜べばいんだろうって悩んでいた。
霧亥やシボが出てくると(自分は)喜ぶんだけど、なんか他作品からのゲスト参戦を見て喜んでいる気分で、
づるたちを写さず霧亥たちを写してよ!ってなった。
火のシーンとか要らないよ!ってなった。

まあこれは自分はBLAME!限らず、たとえば怪獣やヒーロー映画を見て人間ドラマはいいからもっと怪獣やアクション見せてよと常々思っているタチなので、いたし方ないのかな。

BLAME!を見に来た自分には悲しい仕立て方。
でもターゲット不明と言うのはうそです。わかっています。
最近のにへーの作品は「娘が喜ぶか否か」だと思っています。うそです。うそのうそです。
だからーシドニアは娘さん向けだし、この映画のシナリオも進撃の巨人っぽくて娘さんに気に入ってもらえれば嬉しいなって。

劇伴

BLAME!に音楽要る?って思っていて集中できなかった。
でも無音時間のほうが長かったよたぶん。気にしすぎ。
気にはなったけど、強くは印象残らなかったので悪くはなかったんじゃないかな。

原作原理主義者気持ち悪い。

音と言えばひさしぶりの劇場で開幕の足音がうるさすぎて不安になった。
なれって怖い。

3DCG

アニメシドニアはCMぐらいでしかみかけてなかったんですが、ものすごいですね。
出来がすごく良くてほぼ不自然じゃなくて。
いやー進化したものだ。
モデリングができたおかげかどうかはわかりませんが、カメラも自分が好きな動きを動かしやすくなった感じがしました。
イヴの時間のカメラの動かし方が好きなので、他のアニメもあんな風にぐりぐり動くようになればいいな。(普通のアニメでそんな風に動くと逆に動画枚数的にハラハラしちゃう)

シドニア未視聴の理由のひとつでもあったので、すごく安心しちゃいました。

シャキサク

シャキサク出てきたんですけど、劇場で誰も笑わなかった。
すごくないですか?超笑うの我慢してたんですけど。
シャキサクでたー!?
なんか書いてあるー!?
食べれるのー!?
超大量に出てきたー!?
(劇場マナー的に)殺されるかと思った。

霧亥

人間だ(電池パクパク)ギャグさん。かっこいい。
叩けば直ると思っている昭和の人。あそこは事前に知ってなかったら笑ってたかも。

第一種臨界不測兵器は劇場のおかげで音がド迫力でよかった。
ただ、ビームでしたね。
不可視か不相応な極小弾体だと思ってましたけれど。
ラストのチャージは映画らしくMAXまでいくかと思ったら2本で、BLAMEらしさを感じたり。(ネットの感想見ると最大出力って見かけるんだけど、見間違ったかな?)

霧亥としての見せ場はもっと見たかったんですが、時間置いたら、霧亥なら、こんぐらいかなあってだんだん納得してきた。

シボ

Theおかーさん。
超かわいい。いちおしです。
開幕から霧亥のこと完全理解しているおかーさんかわいい。
最初にシャキサク生成するおかーさんかわいい。
30秒しかもたない塗布防電の説明しながらゆっくり歩いているおかーさんかわいい。
高身長かわいい。あのデザイン自作ですかかわいい。
真似しちゃだめよってしゃべる手かわいい。
何気に霧亥目覚めさしてヒロインポイント稼ぐおかーさんかわいい。
カツカツ言う足音最高!

はい。

壊都の話も出てましたけど、かなりマッド感は抜けていましたね。
偽装端末も生体パーツなくて安心安全。

ただ、謎に霧亥のことを完全理解しすぎていてちょっと違和感。
あれだけ相互理解するにはエレベーター内での濃密な時間が必要ですよ!(大嘘

たぶん、今後映画版BLAMEを見る最大の理由。
いい形にしてくれました。

サナカン

すげえっ!ガンツだ!!

おしゃべりサナカンかわいい。
ドヤ顔サナカンかわいい。
とても猫っぽくてかわいい。

でもおしゃべりもドヤ顔も丸顔もサナカンとしては違和感があったので(口数はこの時点or非擬態ではってことで)、やっぱりあとがきのサナカンのコスプレの人としてみてました。
どーなんだろ?かわいさに貢献はしてるんだけど、かわいさはづるたちで十二分に供給されていたんで。
シボとの対比かな?
シナリオの割りを食っちゃったのかなーと思いました。

戦闘はよかったです。
だけどもっと立体的に飛んで崩してくれたらなおよかったんですが、良くも悪くも電基漁師の閉じた世界・場所だったなと。

お約束で発音は認めない。

ネットスフィア

あの時点での邂逅はシボさん初登場みたいな、他に挙げればベルセルクの未収録話の世界みたいな、赤主体なイメージだったんですが、きれいな青白い世界でしたねー。
あのイメージは珪素生物が接続したときのイメージでしたので間違ってもいない。

建設者

だまされた!!
最初に出てきたのでオリジナルの絡みがあるとずっと思ってたのになかった!
自動工場や新しい避難場所への移動とかに絡むかと最後まで考えていて、後半も「もしかして絡まないのか?」
と脳のメモリめっちゃ食われた!
ネットスフィアの体は壊れるけれど時間はまだあるよってシーンで近場の建設者に乗り移るのか!?とかー
すべてを忘れられたら思いっきり気にせず再度映画を見たい。

電基漁師たち

すまん、見分けと人間関係がさっぱりだった…
づるとタエの見分けと捨造ともう一人の見分けと金髪の人の関係性がさっぱり…
わかるほうだと思っていたので、ちょっと凹んだ。
でもそれぐらい、霧亥たち以外に興味がなかったのかなぁ。
原作を見直さずに行ったのでもしかしたら原作なぞってるのかも。
こういう原作物は予習していくかどうか悩みますね。

あとあの装備はかならずくさいです。

駆除系

カサカサしすぎて軽く笑いポイント。
塗布防電に阻まれるシーンがガチ虫っぽくて気持ち悪かったです。
もっと手足をがばっと広げた高速移動だと思っていました。
あんなにカサカサ言ってたらホラーシーンできませんぜ。
でも大体はイメージどおりでよかった。
電基漁師編(の銃)はモブにしては別格強い印象なので、ややかわいそうでした。

まとめ

BLAME!ファンではなく、二瓶ファンのための作品。
BLAME!らしさを求めてはいけないけれど、映画と興行の狭間でうまくまとめたのかなー
霧亥や建造物のスケール感を期待するとがっかり。
でも、それでも霧亥たちをまた見たくなる映像のクオリティが麻薬的。

づるとタエのかわいさに異議はないのでキャラでも楽しんでねと言える。

何気に原作読了組にはギャグ要素高いと思います。楽しい(一人で見るなら)。

評価は非常に悩ましく、BLAME!として見るとお話星2・活躍星3の微妙評価なんですが、
贔屓目と映像美で星4とします。

続編の計画もあるということなので、なにとぞ、採算度外視の、誰もしゃべらなくても許せるような、BLAME!らしい映画をもう一本お願いいたしとうございます。

Netflix加入者なら見放題?いいなー!!!


パンフレットは視聴後は要らないと思ったけど今はけっこー欲しいぞ

kc.kodansha.co.jp